アルコール摂取 酵素

アルコール摂取と酵素

お酒を飲んだとき、私たちの体内でアルコールの分解が行われて、尿として体外に排出されるまでには、実に多くの酵素が消費されます。

 

消化される酵素は、「肝臓の酵素」で、アルコールを多く摂り過ぎることで肝臓を壊してしまうのは、摂取したアルコールを分解するために、酵素が過度に消費されるためです。
胃や腸で、お酒に含まれるアルコールの吸収が行われると、肝臓に存在するアルコール脱水素酵素である「ADH」によって、分解されるのですが、この分解のときに「アセトアルデヒド」という物質に分解されますが、これが、二日酔いの症状の素になる物質なのです。
そして、アセトアルデヒドが、アセトアルデヒド脱水素酵素である「ALDH」によって、「酢酸」へと分解されます。
分解されたら、酢酸の分解が炭酸と水へと行われたのち、体外に排出される仕組みになっています。

 

ですが、その仕組みも、お酒を多く飲みすぎてしまえば、ADHとALDHだけでは、アルコールの処理が追いつかないこともあります。
そのような場合は、薬の代謝を行う種類の酵素である「ミクロゾームエタノール酸化酵素」が、アルコール分解の役割を担ってくれます。
この、ミクロゾームエタノール酸化酵素が、ADHとALDHの代役をしなければならない程のアルコールを摂取し続けることで、肝障害を引き起こしやすくなったり、薬が効きづらくなったり、返って薬の効果が出すぎてしまうというトラブルにも、なり兼ねません。
ですから、お酒を飲む場合は、飲みすぎないよう「適量」で済ますことを徹底することが、大変重要です。
二日酔いや悪い酔いをしたくない人は、酵素を補給しましょう。
食事から酵素を摂取すれば、体内の酵素の負担を軽減することも可能になるでしょう。