酵素 果物

果物の酵素

豊富に酵素を含む食べ物のひとつに「果物」が挙げられます。

 

果物といっても、糖分が多く太りやすいイメージを持っている人もいますが、実はそうではありません。
果物に含まれている「果糖」は、体内での代謝が速やかに行われるため、体脂肪として蓄積されてしまうことが、ありません。
しかも、酵素がたっぷり含まれているので、多く摂取すれば、それだけ体内の代謝はよくなり、蓄積された体脂肪を排除することが出来るでしょう。

 

果物の中でも、特に酵素を多く含んでいるのが、アボカド・キウイ・バナナ・パパイヤ・マンゴーです。

 

特に、バナナに関しては、色が黒く痛みかけの状態のものに特に多く酵素が含まれており、酵素摂取に最適の状態であるといわれています。
お店で売られているときのバナナは、黄色く痛みのない状態なので、買ったらそれを黒くなり機が熟すまで置いておくといいですね。
ちなみに、バナナに含まれている香蘇は、「炭水化物の消化」に非常によく働いてくれます。
バナナは、熟すことで、胃に負担を掛けないだけでなく、胃が食べ物を消化するのをサポートし、代謝機能も良くしてくれます。
また、糖分も多く腹持ちが良いという特徴もあり、ダイエット向きの果物として有名ですし、バナナを用いたダイエットも人気があります。
糖分が血糖値を高め、そうなることで満腹中枢に刺激を与えてくれるので、食べ過ぎを防止することも出来るでしょう。