酵素 摂取方法

酵素の摂取方法

酵素の摂取方法は、「毎日の食事から摂取する」というのが基本です。

 

酵素を摂取するためには、酵素を含んだ食材を毎日の食事のメニューに取り入れるだけという、なんともシンプルなものです。
ですが、酵素を食事に取り入れる場合、食材の調理方法に注意することが必要です。
酵素は、50〜60度の温度でその働きを失うといわれており、炒める・煮る・蒸すなどの加熱調理を行えば、当然その働きは消失してしまいます。
ですから、そのまま加熱調理を行ってしまえば、食べても酵素を補給した気分になっているだけで、実際は酵素を摂取することは出来てはいないのです。

 

食事から酵素を摂取する場合は、食材を加熱するのはNGだということを、しっかりと頭に入れておきましょう。

 

加熱調理が出来ないと分かれば、今度は、加熱調理せず生で食べることが出来る食材を食べて酵素を摂取する必要があります。
ですが、実際のところ、酵素は実に多くの食材に含まれているものなので、特別にお金を掛けなければならないものでは、決してありません。
酵素が豊富な食べ物として、肉、魚、野菜、果物を挙げることが出来ますが、どのようにして食べるのが効果的なのでしょうか。
実はこれも、何も難しいころはありません。
肉や魚なら、生食が可能な種類を選んでお刺身などで食べればいいだけですし、野菜や果物なら、サラダやそのまま食べればいいのです。

 

先ほどお話しましたが、酵素は多くの食材に含まれていますから、単品食いで飽きて継続することが出来ないという心配もほとんどないと思います。
また、酵素は穀物醸造で作るお酒にも含まれていますが、同時にアルコールも含まれていますから、酵素の摂取目的での飲酒は、不向きです。