酵素 性質

酵素の性質

「酵素」という言葉そのものが何なのかをよくご存知でない人もいると思いますが、ここでは、酵素の性質を把握してみましょう。
酵素の性質を把握しておけば、後々、役に立つことがあるかもしれません。

 

まず「酵素」には、実に多くの種類が存在しますが、それぞれの酵素には、それぞれが持つそれぞれの働きしか、ありません。

 

例えば、唾液に含まれている「アミラーゼ」なら、でんぷんを消化する働きしか持っておらず、「リパーゼ」なら、脂肪分解の働きしか持っていません。
また、酵素の元はたんぱく質ですから、加熱することで変性したり、働きが失われてしまいます。
酵素の働きが失われてしまうのは、温度50〜60度とされています。
ですから、加熱された食品を摂取する場合、その食品から酵素を摂ることは不可能です。
また、酵素は加齢に伴い、除々に量が減少していきます。
若年層と比較した場合、高年層の人の体内の酵素量は、実に1/10〜1/30しかないといわれている程です。

 

体内の酵素が不足してしまうと、体調不良を引き起こしてしまいますから、高齢の人は特に、毎日の食事の中で積極的に酵素を摂取する必要があります。
また、私たち人間が、生涯で生み出すことが出来る酵素の量は、遺伝子によって決まっているといわれていますが、食べた食物の消化や、身体の代謝のために、私たちはこの限りある酵素を日々消費しているのです。

 

 

ですから、日頃から喫煙や飲酒の癖のある人、日頃から暴飲暴食をしてしまう人は、体内に存在している酵素が、どうしても消化の方にばかり使われてしまいます。
これでは、消化にばかり酵素が行ってしまいますから、代謝に使用する酵素が不足してしまうので、免疫力や自然治癒力が低下していってしまいます。
こうなると、病気がちになったり、ケガが治りにくい、軽く済むはずの病気が重くなってしまうなど、そのリスクを高めてしまいます。