消化酵素

消化酵素の働き

一言で酵素といっても、この酵素には、いくつか種類があるのをご存知ですか?

 

それぞれが、それぞれで果たす役割に違いがあるので、ダイエットをしている人や、健康体を目指すことに関心のある人は特に、把握しておくといいでしょう。
その酵素の中のひとつに消化をするために働く酵素があります。
それを、「消化酵素」と呼び、これが、食べたものを体内で消化してくれる働きをしています。
消化酵素がなければ、食べたものを消化することが出来ないだけでなく、その栄養を吸収することも出来ません。
また、消化酵素は、細かく色々な種類に分類されており、その中で有名なものは、聞いたことがあるという人もいらっしゃうかもしれません。

 

唾液にある「アミラーゼ」という成分を耳にしたことがあると思いますが、まさにこれが、代表的な種類のものです。
この「アミラーゼ」は、食べ物の中のデンプンを消化してブドウ糖に変えます、そうしてから、栄養として身体に吸収してくれる働きを持っています。

 

そして、血液中の胃液に備わっている「リパーゼ」も、代表的な種類のひとつです。
「リパーゼ」は、脂肪分を分解し、蓄積された内臓脂肪や皮下脂肪を減少させる働きをしてくれています。

 

その他には、たんぱく質を分解する「プロテアーゼ」もまた、代表的な酵素の種類のひとつです。
「プロテアーゼ」は、たんぱく質をアミノ酸へ分解、消化促進を行うことで、胃腸への負担を軽減します。
また、腸内の老廃物を分解し、腸内環境を改善してくれる働きもあるといわれています。

 

私達は、これらの酵素の働きで、毎日生命を維持していくことが出来ているのです。