代謝酵素

代謝酵素

様々な種類のある酵素の中のひとつに「代謝酵素」というものがありますが、この代謝酵素もやはり、重要な働きをしてくれています。
「代謝酵素」とは、新陳代謝の促進、免疫力を上げて病気を改善する働きのある酵素のことをいいます。

 

代謝酵素の働きにより、私達は呼吸をしたり、心臓を動かすことで全身に血液を巡らせる、細胞分裂をし新しい細胞を産むことで病気やケガの治癒が可能になります。
このようなことから、酵素の量と寿命を比例させて考えている科学者もいるようです。
また、代謝酵素の他に「消化酵素」という酵素も存在し、この2つの酵素は、大変深い関係性を持っています。

 

例えば、脂の多い料理を食べた後の場合。
この場合は、体内で消化や吸収をすべく、消化酵素の働きが必要ですが、この場合は、沢山の酵素を消費することになります。
脂っこいハイカロリーな食べ物を消化すべく、体内に備わっている酵素が、それを消化すべくそこに集中するため、消化以外に必要な酵素までも使われてしまうので、消化以外に必要な酵素が不足してしまうのです。
また、病気をしている場合、代謝酵素が病原菌を撃退する働きをしてくれているので、このときに、食べ物を沢山食べてしまうと、消化することに酵素が集中してしまうので、病気がなかなか回復せず、また、病気に対しての抵抗力も弱くなってしまうのです。

 

ここまでのお話から、代謝酵素を不足させないよう、消化酵素をムダに働かせないように防止することが大切だということが、ご理解いただけたのではないでしょうか。