野菜の酵素

野菜の酵素

酵素は、とても多くの食材に含まれていますが、その食材の中のひとつに「野菜」があります。

 

ですが、酵素は50〜60度でその働きを失ってしまうので、野菜を加熱調理してしまえば、酵素の効果を得ることが出来ないので、食べ方に注意しなくてはいけません。
ですから、加熱せず生野菜を食べることで、酵素をたっぷり摂取することが出来ます。
酵素が豊富に含まれている野菜として、キャベツ・セロリ・ニンジン・レタスが挙げられます。
どれもサラダに使用する野菜として定番ですが、酵素が摂取することが出来る反面、身体を冷やす効果があります。
ですから、生野菜を食べる場合は、身体を温める食材を、メニューに取り入れることを意識しましょう。
身体を温める食材として、生姜・にんにく・ねぎ・根菜類などが挙げられます、また、お味噌汁やスープなどの温かい汁物料理も挙げられます。

 

野菜は、低カロリーなだけでなく、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。
また、活性酸素を排除する「抗酸化食品」に分類されている食材なので、食卓の定番にしたい・栄養価に優れている、といえます。
もし、調理が面倒だったり、ひとり暮らしなどで食べきることが難しい場合は、野菜を飲み物に変えてみては、いかがでしょうか。
ジューサーを使えば、簡単に生野菜ジュースを作ることが出来ますし、忙しい朝でも疲れた夜でも、手軽に摂取することが出来ます。
生野菜ジュースは、まさに即席の酵素ドリンクといえます。
このように、ご自身にあったやり方で工夫しながら効率よく、豊富に酵素を摂りましょう。