夜食 酵素

夜食に酵素

夜遅くまで仕事をしたり勉強をしていると、小腹が空いて夜食が食べたくなる人が多いと思います、夜食を食べるのが習慣の人も多いのではないでしょうか。
ですが、「夜食を食べる」というのは、肥満を始め、あまり健康に良いとは言えず、酵素にとっても良い状況ではないというのを知っておきましょう。

 

夜中は、臓器や骨の修復が行われる時間帯です。
この大事なメンテナンスの時間帯に、消化の悪い食べ物でお腹を満たすと、胃に必要以上の負担を掛けてしまい、眠りも浅くなってしまいます。
また、酵素は夜に生み出されるので、その時間帯に夜食をとれば、酵素を生み出す活動を阻害してしまうことになります。
特に、インスタント食品、肉・魚類、砂糖を用いた食品は、消化の際に多くの酵素を消費してしまいます。

 

このように、夜食が原因で酵素がスムーズに生み出されないまま、酵素を大量に消費してしまうと、食べ物から栄養を取り込む消化酵素の働きが衰えてしまいますし、新陳代謝や免疫力と関係がある「代謝酵素」も活発さを失ってしまうのです。
このような状況が長期化してしまうと、病気がちな体質になってしまったり、老化の促進に繋がります。

 

これらを総合して考えると、一番いいのは、可能な限り「夜食を控える」ことですが、いくら身体には良くないといわれても、空腹に耐える状況であれば、それがストレスになってしまい、健康的とはいえませんね。
ですから、もし夜食を食べる場合は、消化に負担の掛からない食べ物を選んで食べたり、飲み物で空腹を紛らわしてみるなど、身体への負担を軽減することを心掛けてみることで、健康や酵素に悪い影響を与える心配も、ありません。